ブログカテゴリ:この1台



23日 11月 2018
DELTA BOX(IMAI式ラインアンプ)とDELTA BLUE(IMAI式パッシブイコライザ)をご愛用のM.M様より、ご自宅システムの写真と「お客様の声」を送って頂きました。
01日 11月 2018
第6回目は小型パッシブイコライザ「DELTA BLUE」です。 ロータリSWとPOTを組合せた「IMAI式」オリジナル回路はCH辺り4個のパラメータが関連して動作します。一般的なEQとはかなり異なった調整系とすることで、直感的、感覚的に楽器を演奏する様にサウンドをコントロール出来るユニークなイコライザです。...
29日 12月 2017
「この1台」の連載で外せないのは、一回目でご紹介した「THE LINE AMP」を製作するきっかけとなった初期のDeltaシリーズです。 初期Deltaの1号機はラインアンプの「Delta Box」。質を高めた「Delta Roots」、パッシブEQの「Delta PEQ& VPEQ」、それと今回のフォノEQです。Delta...
10日 8月 2017
第4回目の「この1台」は4wayラインアンプです。 実は、1台目に2wayラインアンプ(mono)をパッシブEQ付で製作したところ大変気に入って頂き、 「4wayでも」とのご相談を受け、二台目を製作させて頂きました。 このお客様とは10年来のお付き合いとなります。 以下は、当時(1年程前)の「お客様の声」からの抜粋です。...
12日 6月 2017
第3回目はアナログ式(Analogmode)のプロ用機器ブランド「OLD LINE LABO」から、 2wayラインアンプ+パッシブEQをご紹介します。これは音源の録り込み、sub mixや2mix作成、オーディオ再生にと、幅広い用途で重宝するタイプのラインアンプです。...
29日 4月 2017
ハンドメイド音響機器工房アナログ式(旧OLD LINE)の15周年記念特別サイトです。本サイトhttp://analogmode.jimdo.com/
16日 4月 2017
シリーズ「この1台」では、15年の間に製作した特注機器からピックアップして、ブログ「アナログ道場」の記事を元に書いています。 1回目は、analogmode「アナログ式」の特注オーディオ用ブランド、「DELTA」のラインアンプ。同時進行でDelta仕様の3BAND EQ、レベリングアンプも製作しました。全て2ch/Dual/Mono/ディスクリート構成です。 SMA(Shun Mook...
16日 4月 2017
「アナログ機器への想い」 何故、アナログ機器を作るのか。 それは、 アナログ機器は判で押したような音しか出ないモノではなく、 懐が広い、幅がある、「曖昧さ」を持っているからです。 その曖昧さを生かすも殺すも、使う人次第。 つまり、楽器に近いんですね。楽器は人間に近い。。 調整や使い方によって出音が変わり、そこが最大の魅力なのです。...